コーラに砂糖はどれぐらい入ってるの?また毎日の容積は?

世界中のどこに行ってもしっかり飲めるといっても過言ではないコーラは、みんなに愛されてる炭酸飲み物だ。自販機やコンビニで手軽に舞い戻るし、炭酸で喉がスッキリするので好きな人も多いと思います。けれどもコーラは虫歯になるから飲んでは禁忌!みたいな事を聞いた事がありませんか?手緩い水物はそれだけ砂糖が入っているのです。実際にどれぐらい砂糖が入っているのか細かく説明していきましょう。

因みに缶350mlに入ってある砂糖の頭数は角砂糖10個パイで、500mlペットボトルだと砂糖14個もあるのです。ふだんコーヒーや紅茶を飲み込む皆様なら角砂糖を3つも入れたら甚だ軽くなるのは感じると思います。それでも一番ちっちゃな缶コーラを1本飲むと、それをはるかに脱する角砂糖10個を摂取することになるんです。そんなふうに考えるとおっかないですね…。

また近年では健康志向によってカロリー一をうたったコカコーラ・一も発売されていますね。これならが、人工ケーキ料金を通じているので、砂糖は入っていません。

ところで砂糖の取り過ぎは、虫歯や肥満の関連になってよくないと言われますが、毎日の適切な用量はどれくらいなんでしょうか?WHOによると「毎日の精力の10%に切り詰める」と提言されています。たとえば成人マミーの服薬精力が2000kcalとすると、その10%の砂糖の頭数は12.5個となります。詰まり500mlのペットボトルのコーラに入っておる砂糖は角砂糖14個パイですから、1本飲めばとうにオーバーして仕舞う事になるのです。ヌリカエを使った人の口コミ