台風の時期到来 日本はどうして台風王国と呼ばれるのか?またそれの対策。

今年も台風の時期がやってきましたね。
最近では異常気象の影響もあり台風が発生する時期も梅雨前に発生したり、10月頃にも発生したりと昔の感覚ではいれらなくなってきています。そもそも日本はどうしてこんなに台風が多いのでしょうか?

まず台風とは、熱帯また亜熱帯低気圧が発達し風速17メートル以上のものになったものを台風と呼びます。
なぜ台風が多いのかと言うと、それは日本の地理的要因が大きく関係しているのです。
台風の原理であり低気圧。日本の南東う海上では台風の卵と呼ばれている亜熱帯低気圧が数多く発生しやすい場所でもあります。その発生した台風が上空の風に乗って日本に上陸するのです。

さらに台風は8月9月にかけて1番多くやって来ます。
しかし実際台風は赤道付近では1年中発生しているのですが、日本には夏の終わりの太平洋高気圧が弱まった頃にしか、台風が来やすい状態ができないため、その時期に集中して台風が上陸するのです。日本は台風が多いような気もしますが、国レベルで見たら、東南アジアや中国・台湾も台風が来やすい国なのです。

また台風の対策として、窓周辺が一番怪我など事故が発生しやすいところです。
特に雨戸のガタツキは1番最初にチェックしましょう。雨戸が風に飛んでしまう窓ガラスがわれてしまい大事故に繋がる恐れがあるからです。
もう1つは非常時に一番大切とされている懐中電灯と水・食料の準備です。
過去の災害などの復旧具合を見ても、特に水・食料については最低3日間は用意しておきたいところですね。電子書籍を無料で読むには